桜井ひろゆき 目標は墨田区の活性化!不退転の決意で突っ走ります!自由民主党 東京都議会議員 桜井浩之




桜井ひろゆき事務所
〒131-0043
墨田区立花5-3-1-101

 

平成25年11月27日 環境・建設委員会 桜井ひろゆき 質問内容一覧

  •  尾久の原公園の整備と全面開放に関する陳情について
  •  先ほど説明がありましたとおり、当公園の一部の土壌からダイオキシン類と重金属等が検出されたわけでありますが、ことしの五月までは、都はこの公園を全面閉鎖しており、地元住民から早期開放の要望が寄せられるとともに、東京都地域防災計画における避難場所としての位置づけから、六月には公園の一部を開放されたということだと思います。
     公園の一部でも開放されたということは、地元の方々にとって大変喜ばしいことだったと思います。しかしながら、一方で、公園内には環境基準を超過したダイオキシン類などがまだあるわけでありまして、公園を利用する方々の中には不安もあると思います。
     そこで、環境基準を超過している区域では、現在、具体的にどのような対策をとられているのか、お伺いをいたします。

  •  滝澤公園緑地部長
  • ダイオキシン類等が環境基準値を超過した区域につきましては、立ち入りを制限するためフェンスを設置しております。また、土壌の飛散防止のため、シートがけによる対策を行うとともに、汚染土壌が風により飛散して周辺環境に影響を与えていないかどうかを確認するため、大気のモニタリング調査も実施しております。
     今後とも、利用者が安心して公園を利用できるよう、関係法令に基づく適切な整備が完了するまで対策を継続してまいります。

    それでは、引き続きしっかりした対策に今後とも努めていただきたいと思います。
     この陳情は、ことしの第二回定例都議会におきましても、同様な陳情が出されております。都議会としても趣旨採択といたしました。法律に基づき必要な手続をとらなければなりませんが、地元住民の方々はもとより、広く都民のためにも、安全な都立公園として早期に全面開放できるよう強く求めるとともに、陳情者の願意を踏まえ、本件は、前回同様、趣旨採択が妥当であると考えを申し上げまして、質問を終わります。